【ベーシックコース/6回】オンラインインプロ

インプロを始めたばかりの方が、即興(台本も打ち合わせもなし)で、ストーリーを作り演じるために必要な基本的なことを、ぎゅっと6回に濃縮してお伝えします。

これから演技を学ぶ方にもおすすめです。

日程:8月8日(日)〜9月12日(日) /毎日曜 16:00-18:00

申込み詳細はこちらへ


A)8月8日 受け入れること・手放すこと

何もないところからいったい

どうやってストーリーを作っていくのでしょう?
まずは目の前で起きていること、
そしてお互いのアイディアを、受け入れてみる。
それは自分にとって思いもよらないことかもしれません。

未知の方向へ踏み出すのに必要なのは、
ちょっとの勇気、または好奇心。
思い切ってコントロールを手放し、
流れに身を委ねてみる。
それでもなんとかなるものです。


B)8月15日 感情とキャラクター

演技をする上で、「役になりきる」だとか
感情を表現することは、きっと重要。
でも感情って自分でコントロールできるものなの?
即興で、自分じゃない役を演じることはできるの?
普段の「自分らしさ」から思い切りはみ出してみましょう。

台本の演劇にも活かせる内容です。


C)8月22日 ジブリッシュ!10分でマスターする外国語

「ジブリッシュ」はデタラメ言葉。
演劇のトレーニングや、「笑いヨガ」などでも使われます。
インプロには、ジブリッシュを使ったゲームがたくさんあります。
「話す」という行為から「言語の意味」をとりのぞいて
相手とのノンバーバルコミュニケーションを試みます。


D) 8月29日 ステイタスと人間関係

一般的にステイタスといえば
「社会的地位」のことを指しますが、
演劇では社会的地位に限らず、
人物間の立場の上下関係や、
その人物の立ち居振る舞いなどを指します。

あなたのステイタス(立ち位置)はどのあたり?
「ステイタス」を知ると、社会生活にも役に立つ!


E)9月5日 ストーリー1・ 始まり方

即興演劇のステージでは、
何もない空間に、打ち合わせもなしで
「浜辺」や「キッチン」などの場所を生み出し
お互いのキャラクターや関係性をつくりあげていきます。
ストーリーを進めていくための
「プラットフォーム」の作り方をトレーニングします。


F)9月12日 ストーリー2 ・展開そして終わり

スタートしたシーンを、どう動かしていくのか、
どうやって相手と意思疎通をし、
どうやって終わりを見つけていくのか。
観客はどんなストーリーを見たいと思っているのか。
ヒントのひとつは、自分の中の「観客目線」です。

インプロオキナワ

沖縄で活動しているインプロ(即興演劇)グループです。 ワークショップや上演活動のほか、各レッスン・研修(コミュニケーション/人材育成など)への講師派遣も行なっています。

0コメント

  • 1000 / 1000